劣化があれば交換しよう|愛車のタイヤ交換はプロに任せよう|人気低燃費タイヤも格安取り付け

愛車のタイヤ交換はプロに任せよう|人気低燃費タイヤも格安取り付け

劣化があれば交換しよう

ミニカー

現在車に取り付けているタイヤは消耗品であるため、劣化や不具合が見られた場合は交換する必要があります。タイヤが劣化しているかどうかは、溝の深さとヒビ割れの有無によって調べることができます。素人では外から見ただけでは溝の深さを測ることはできませんが、道具を用いることでどれくらいの深さがあるかを調べることができます。一般的にいわれている測り方は、100円玉を溝に入れる方法です。溝にあてがった時に100円の「1」の字が見えた場合は、かなりタイヤの溝が浅くなっている証拠となります。安全に走行をするために、交換を行なう必要があるでしょう。また、タイヤにヒビ割れが見られた場合も注意が必要です。ヒビ割れが現れる原因は、経年劣化によりタイヤのゴムが硬くなっていることです。ゴムが硬くなっていると、タイヤがしっかりと地面を噛むことができず、スリップなどが起こりやすくなります。タイヤの側面にヒビが見られた場合は、タイヤを販売する専門店で新しいタイヤに交換してもらいましょう。

タイヤの劣化は、一度に4本のタイヤ全てに現れるわけではありません。小さなヒビ割れなど、初期の劣化であれば、4本あるタイヤの内のどれかに劣化が現れます。また、走行中にガラス片などを踏んでしまい、4本の内の一つに傷がついてしまうこともあるので、タイヤの一つに劣化が見られたとしても4本全てを交換する必要はないのです。しかし、多くのタイヤ販売店では、タイヤを購入する場合4本を一つのセットとして扱うため、費用の負担が懸念されます。タイヤの購入を行なうならば、タイヤ1本から購入ができる店を選ぶとよいでしょう。口コミサイトやランキングサイトなどを調べることで、タイヤ1本から販売してくれる会社が見つかるので、費用の重い負担を避けることができます。